暇つぶしニュースまとめ

暇つぶしニュースまとめでは、主に、時事ニュース・面白ニュース・芸能ニュース・スポーツニュース・2chまとめニュースを毎日更新しております。

    カテゴリ: 社会



    (出典 kisha-poppou.com)



    【【生活】20~30代はどうして地方都市に移住を考えるの?】の続きを読む



    (出典 jp.tablefor2.org)



    【【悲報】世界に先進国は24カ国しかない】の続きを読む



    (出典 inshoku-pro.com)



    【日本の人材不足が深刻「そうだ外国人雇おう」】の続きを読む



    (出典 www.hivkensa.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/01(木) 11:43:26.48

    専門医が実態報告、女性患者が体験告白

    大阪・ミナミの道頓堀繁華街。アジア系のインバウンド観光客が空港から観光バスに乗ってやってくる

    「大阪市の梅毒患者は’12年時点で男性65人、女性10人でした。それが’17年には男性375人、女性260人。5年間で男性は6倍、女性は26倍になっています。
    しかもこれは保健所に届けられた数です。実際の数はこんなもんじゃありません」

    大阪市・東成区にある石川泌尿器科院長・石川泰章氏はこう警告する。

    近年、梅毒の患者が急激に増加している。
    全国では昨年、患者数が44年ぶりに5000人を突破、今年は9月末時点ですでに5081人となり、昨年を上回るのは確実だ。
    特に大阪は患者数の増加が目立ち、府全体では昨年、男性514人、女性332人の合計846人で、前年の約1.4倍となった。
    なぜこんなにも増えているのか。石川氏が続ける。

    「以前はゲイの方たちに梅毒患者が多かったのですが、今は男女間の感染が増えている。
    *に遊びに行って、そこで*嬢にうつされて、さらに合コンやクラブ、友達の紹介などいわゆる自由恋愛で感染しています。
    *嬢に梅毒患者が増えている理由は、インバウンド(外国からの旅行者)の増加が原因といわれ、特にアジア系観光客が持ち込むケースが多いとみられています」

    中国では最も繁栄している沿岸部の都市でも梅毒の感染率が高い。
    東南アジアの諸国も含め性教育が遅れているため、そうした国々からの観光客が梅毒を持ち込み、*嬢を介して広まっているというのだ。
    大阪の*街で働くキャリア5年のホテヘル嬢が言う。

    「忘れもしません。今年3月に首のリンパ腺が腫れて37~38℃の熱が出て、検査を受けたら、その日の夕方に梅毒だとわかりました。
    梅毒は潜伏期間があるので、誰にうつされたのかわかりません。
    お店にきちんと報告し、連絡がとれるお客さんには、検査を受けるよう勧めたのですが、15人全員、誰も感染していませんでした。
    完治するまで2ヵ月以上かかりましたが、梅毒の場合は治っても体内に"抗体"が残るんですね。
    そのため、あの子は梅毒陽性だ、うつるという噂が広がってしまい、結局退店しなければならなくなりました」

    http://news.livedoor.com/article/detail/15529625/
    2018年11月1日 7時0分 FRIDAYデジタル



    【【社会】海外の旅行者からの感染 大阪で梅毒が大流行】の続きを読む



    (出典 static.blogos.com)



    【【渋谷ハロウィン】暴動問題 昔に比べ日本の若者が劣化した】の続きを読む

    このページのトップヘ