暇つぶしニュースまとめ

暇つぶしニュースまとめでは、主に、時事ニュース・面白ニュース・芸能ニュース・スポーツニュース・2chまとめニュースを毎日更新しております。

    2018年10月



    (出典 www.bmoo.net)



    1 孤高の旅人 ★ :2018/10/01(月) 17:04:33.77

    たばこ20本→19本に JTが一部商品で11月から
    2018年10月1日16時50分
    https://www.asahi.com/articles/ASLB153PVLB1ULFA020.html?iref=comtop_latestnews_01

     日本たばこ産業(JT)は1日、紙巻きたばこ「ウィンストン」の一部商品について、1箱の本数を20本から19本に減らすと発表した。11月上旬からで、価格は20円安い1箱410円にする。10月1日からの増税にあわせた対応だ。
     対象は、ウィンストンの「コンパクト・ブルー」シリーズ全3品。9月までは400円だったが、10月からの増税で430円になった。本数を減らしてでも増税前の価格に近づけ、「手にとってもらいやすくしたい」(広報)という。
     このブランドから11月上旬に新たに売り出す「コンパクトメンソール・パープル」の2品も、19本入りとする。(筒井竜平)




    【【JT】たばこ20本→19本に 11月上旬から実施】の続きを読む



    (出典 zexy.net)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/10/01(月) 12:23:23.603

    気が弱くてノーと言えない娘なのは分かってたけど
    まさかこんな結果になるとは思わなかった





    【結婚を考えていたの同僚女(27)を会社の上司(36)に寝取られ妊娠させられたんだが】の続きを読む



    (出典 www.newsweekjapan.jp)



    1 ガーディス ★ :2018/10/01(月) 10:48:04.73

    たまたま
    2018.09.30
    あまりにも衝撃的すぎる情報が入ってきた。シンガポール政府が21歳以上の国民全員に対し、300ドル(約34000円)の支給を決定し、国民が歓喜している。

    ・はるかに高額な余剰金
    この支給の理由は年度予算が余ったためで、その余剰金は46億ドルという額に。前年度が19億ドルであることを考えると、はるかに高額な余剰金といえる。

    ・平均月収の約1/10が支給される
    シンガポールにおける平均月収は約32万円といわれており、月収の約1/10が支給されることになる。なかなか高額な金額であり、貯金はもちろんのこと、良さげな家電、ちょっとした旅行、そして豪華な食事が可能な金額である。

    ・日本政府の場合は絶望的か
    このような政府の対応は極めて異例で、世界中を見ても稀な展開と言える。日本政府の場合はベーシックインカムを導入しない限り政府が国民全員に支給することはあり得ないかもしれないが、はたして今後どうなるか。

    ・シンガポール政府に対する国民の評価
    このように国民に対して手厚い保護をしてくれる政府は非常にありがたいものであり、シンガポール政府に対する国民の評価が上がるのは間違いない。

    http://buzz-plus.com/article/2018/09/30/singapores-budget-surplus/
    参考ソース
    http://digioka.libnet.pref.okayama.jp/detail-jp/id/ref/M2016110113144683458



    【【衝撃】政府が21歳以上の国民全員に約34000円の支給決定 】の続きを読む



    (出典 blog.pokke.in)



    【料理のレベルが一番高い国ってどこ??】の続きを読む



    1 ガーディス ★ :2018/10/01(月) 10:56:15.44

    2018年10月1日 6時0分
    2年をかけて行われてきた統合作業がヤマ場を迎えている。

    2018年11月、コンビニエンスストア大手のファミリーマートが進めてきた「サークルK」「サンクス」とのブランド統合が完了する。当初は2019年2月に終える予定だったが、統合作業を加速したことで、3カ月前倒しで完了する見通しとなった。ブランド転換を行った店舗は9月中旬までで約4800。残る転換対象店舗は200を切った。

    ファミリーマートの澤田貴司社長は、「この2年間、社員が本当によくやってくれた」と笑顔で話す。統合で同社の店舗数はローソンを抜き、2番手に躍進。統合前は2兆円だったチェーン全店売上高は、一気に3兆円規模へと拡大した。

    閉鎖する店舗が想定より増えた
    それだけではない。もともとサークルK、サンクスの平均日販(1日当たり1店売上高)は40万円台半ば。それが転換後には50.6万円に増加した。「『ファミチキ』をはじめ商品面が強化されたことで、客数が増えた」(サンクスから転換した加盟店オーナー)。

    一見すると順調のように思えるブランド統合。その一方で、当初のもくろみが外れた面もある。

    ブランド統合が始まった2016年秋、ファミリーマートとサークルK、サンクスの店舗数は単純合算で約1.8万店と、首位のセブン-イレブン・ジャパンに匹敵する規模だった。だが、統合に際して閉める不採算店の数が想定より増え、足元の店舗数は1.7万店を割った。

    その間、セブンは出店を続け2万店を突破。ローソンも地方のコンビニと提携し店舗数を増やしてきた。結果的に直近2年で大手3チェーンのうち、サークルK、サンクスを含むファミリーマートだけがシェアを落とした。

    統合を主導した当時の上田準二会長(現ユニー・ファミリーマートホールディングス〈HD〉相談役)は「規模が伴わないと日販は向上しない」と何度も語っていた。だが、統合が進んでもファミリーマートの日販は52万円前後で横ばいが続く。セブンとの差も10万円以上開いたままだ。

    15年間ファミリーマートを運営する加盟店オーナーは、「この2年は目立ったヒット商品もなく、統合のメリットは感じない。むしろ近隣のサンクスが転換したことで売り上げが落ちた」と不満を募らせる。

    ベンダー企業も苦悩
    統合以降、ファミリーマートは製造・物流拠点の集約や商品の見直しを進めてきた。ただ商品改革については澤田社長も、「まだ道半ば。トップチェーンとは差がある」と率直に認める。

    弁当などを製造するベンダー企業も苦悩する。かつてサークルKやサンクスに商品を供給していた東海地盤のカネ美食品は、統合を機にファミリーマート向けに商品を切り替えた。一部の工場では商品の納品が1日2回だったが、切り替え後は1日3回に増えた。

    その結果、工場で働く従業員のシフト変更が必要となり、派遣社員の大量投入を余儀なくされた。廃棄ロス増も加わり、2017年度は11億円の営業赤字に陥った(2016年度は5億円の黒字)。「2年前は店舗数が増えていくという発表があったが、今は逆。当初の計画を信じて、かなりの設備投資をしたが、見通しが狂った」(同社幹部)。

    前出のサンクスから転換したオーナーも売り上げは伸びた一方、複雑な思いを吐露する。統合に先立ち、ファミリーマートは加盟店とのフランチャイズ契約の内容を見直した。弁当などの廃棄ロスや水道光熱費についての本部負担を増やす一方、加盟店が本部に支払うロイヤルティは増額した。「手元に残る利益はサンクス時代と同じかやや少なくなった」(加盟店オーナー)。

    ステークホルダーの不満を払拭し、ブランド統合完了後の成長をどう実現するか。カギは、8月にTOB(株式公開買い付け)でユニー・ファミリーマートHDの親会社となった伊藤忠商事との連携だ。

    個店単位の質向上はこれから
    同社の細見研介・食品流通部門長は、「ファミリーマートの年間来店客は50億人。それらのデータは将来大きな価値を生む可能性がある」と強調。金融や情報サービスに関しては具体的な言及を避けたが、自社グループにこだわらない提携を検討しているようだ。

    早期の統合で器は整った。とはいえ、個店単位での質の向上を図るのはこれから。統合完了は決してゴールではない。

    全文
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15380705/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)



    【【話題】ファミマのブランド統合で商品に深刻問題 統合したメリットを感じない】の続きを読む

    このページのトップヘ