1 樽悶 ★ :2018/08/14(火) 23:54:02.85

※総踊りスレ
海軍主流の永野修身は、対米開戦派の中核となった

(出典 amd.c.yimg.jp)


 1945年の太平洋戦争終結から、平成最後の夏となるこの8月で、73年を経た。現在でも残る疑問のひとつは、明らかな国力差にも関わらず、なぜ当時の指導者層が日米戦に踏み切ったかだ。陸軍の暴走に政府、海軍、宮中、さらに世論までが引きずられていったかのようにも映る。しかし早期開戦を主張し続けたのは、実は海軍主流派だった。

大臣・総長・司令長官を歴任したエリート

 森山優・静岡県立大教授は「昭和史講義 軍人編」(ちくま新書)の中で、海軍主流派の行動は「それなりに論理的整合性が高い」と分析する。それがなぜ「全海軍を失う結果」(森山教授)に終わったのか。海軍の挫折は、急変する経営環境に対応していかなければならない現代企業にも、多くの教訓を与えてくれそうだ。

 真珠湾攻撃の山本五十六・連合艦隊司令長官や終戦時の米内光政海相に比べ知名度は劣るものの、海軍で主流派中の主流といえば永野修身(1880~1947)軍令部総長の右に出る軍人はいない。海軍における最高ポストは軍令部総長(統帥)、海軍大臣(軍政)、連合艦隊司令長官(艦隊)の3つ。森山教授は「70年を越える海軍の歴史で3ポストを歴任したのは永野だけ」と指摘する。昭和期に皇族を除いて唯一、生前に元帥にまで昇進したエリート中のエリートだ。

 屈託がなくて侠気があり、秀才型官僚軍人とは一線を画していたという。頭脳明晰(めいせき)で「自称天才居士」と言われるほどの自信家でもあった。海軍兵学校長時代には改革派として「従来の一方通行の暗記型から自学自習を旨とする米国流のダルトン・プランを導入した」(森山教授)。その永野が41年4月に軍令部総長に就任すると、海軍中堅層とともに対米開戦派の中核となった。

 当時の第2次近衛文麿内閣は37年から始まった日中戦争が長期化し、中国に同情的な米国との関係も悪化していた。41年6月には独ソ戦が開始。7月には第3次近衛内閣を発足させて対米関係の改善に取り組むが、同月の仏領インドシナ南部進駐が米国の反発を呼び、8月の全面禁輸を招いてしまった。森山氏は「「米国の大きな反発はないと思って進駐を進めた陸海軍の軍人のほとんどが、米国の強硬姿勢に驚愕(きょうがく)した」と指摘する。

「戦機は今、3年後は不明」

永野は昭和天皇に対米早期開戦を進言した。これは及川古志郎海相ら他の海軍首脳部にとって予想外のハプニングだった。それまで陸軍がソ連(当時)を、海軍は米国を仮想敵国として軍需予算を獲得してきたが「対米戦、とくに長期戦を戦う実力がないことは海軍首脳部や戦備の実態を把握している現場の将官たちの共通認識だった」と森山教授。さらに日米交渉における一番のポイントは中国本土からの撤兵問題だ。森山教授は「撤兵問題で日米が戦うのは愚かなことだという考えで海軍は一致していた」と言う。

 永野はなぜ早期開戦を主張したのか。米国から石油の供給が止まれば平和時2年、戦時1年半しか貯蔵がないため「日米間の軍事力の差が広がる前の有利なうちに、戦争した方がよいという考えだった」(森山教授)。

 昭和天皇から日本海海戦のような大勝利は難しいであろうと尋ねられると、永野は「勝ち得るや否やもおぼつかなし」と答えて天皇を驚かせたという。天皇側近の木戸幸一内大臣らは「あまりに単純」「捨てばちの戦い」と冷淡に批評した。多くの指導者層が木戸と同じく永野の主張を聞き流した。

 当時の日本は宮中、内閣、陸海軍らがそれぞれに組織利害を主張する分権的な政治体制だった。対米戦までの約1年半で、実に10回もの「国策要綱」が策定されている。激動する国際情勢に臨機応変に対応しようとしていたとみることもできるが「両論併記と決定を先送りする『非決定』が行われていた」と森山教授は分析する。

 日米首脳会談での解決に望みをかけていた近衛首相は米国側の会談拒否にあい、10月に退陣。代わった東条英機内閣は、昭和天皇の意をくんで外交と戦争準備を並行させる方針をいったんは白紙還元したが、結局は外交を打ち切って戦争へ向かっていった。

 永野は重要な会議で「戦機は今、3年後は不明」「英米を屈服させる手段は無い。結局は国際情勢の変化と国民の精神力による」などと繰り返した。海軍自体も艦隊がすぐに戦争できるように「出師準備」を8月に開始した。

全くブレなかった永野の早期開戦論

(続きはソース)

8/13(月) 12:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00010000-nkbizgate-bus_all







53 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:13:40.08

>>1

まさに戦犯どもの血を引く売国奴自民党が同じ体質だよな。

クソが。


72 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:18:08.47

>>1
戦争しなかったら日本は今以上のアメリカ植民地になってたけどな


76 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:19:20.29

>>72
具体的にどうなってか聞かせてくれ


75 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:19:19.37

>>1
朝日新聞が世論を煽ったからですが


96 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:22:48.33

>>1
日露戦争だって国力差あったぞw


6 名無しさん@1周年 :2018/08/14(火) 23:59:16.18

圧力かけまくられたらそらキレるだろ


18 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:02:25.52

>>6
大国って喧嘩したい相手を挑発するもんよ。
最近では北京五輪の時グルジア(ジョージア)を叩き潰したロシアのように。


7 名無しさん@1周年 :2018/08/14(火) 23:59:25.09

アメリカに負けて本当によかった


15 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:01:52.91

>>7
海軍関係者はよくそう言ってたらしいね
陸軍があのまま突っ走ってたら、今の北朝鮮みたいな日本のままだった、と
陸軍と海軍は世界中どこの国いっても仲が悪い


10 名無しさん@1周年 :2018/08/14(火) 23:59:53.92

日本史上最大の過ち
朝鮮併合
国連脱退
中国アメリカと戦争


16 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:02:10.84

>>10
プラス消費税


11 名無しさん@1周年 :2018/08/14(火) 23:59:55.71

「戦機は今、3年後は不明」「英米を屈服させる手段は無い。結局は国際情勢の変化と国民の精神力による」

これを真っ当な政治家が聴けば開戦は不可だろうなぁ。
頭一つ以上抜けた軍人ではあったろうが。


21 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:03:01.59

>>11
大東亜戦争しないのなら、日本は陸軍と海軍の内戦が起きてたっていわれるくらい、両者の仲は険悪だった
実際、戦時中も両者の仲は最悪


94 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:22:30.71

>>11
なーんもない、ただっ広い太平洋で、自己の数倍の国力のアメリカ海軍相手に、正面から「勝て」と言われたのが現場を預かる海軍の責任者である永野。
しかも石油禁輸までくらった状態では、「海軍がまともに活動できるのは今だけ、3年後は神に祈って」というのがまぎれもない日本の状況。

この状況になっている時点で戦略的には大敗北なのだから、この後の状況を現場の軍人にだけ責任をおっかぶせても意味がない。

永野はこのときの日本の状況を言っているに過ぎない。


17 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:02:21.89

アメリカに戦争を仕掛けたのは世界で日本だけ。
誇らしい


27 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:05:29.11

>>17
身の程知らずの馬k・・・いや、なんでもない


20 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:02:59.79

第二次大戦時の外相だった
東郷茂徳の孫で、父親の文彦も外交官の三代続きで、外務省ロシア局長やってた
東郷和彦の双子の兄・茂彦が元新聞記者で、朝日新聞記者時代に
痴漢で逮捕されてたがそのことは隠蔽されており、その後ワシントンポストに転じてから再び
痴漢行為で逮捕されて以前からの数多くの行為が明るみにされてる。この
痴漢記者・東郷茂彦がワシントンポストでスクープしたのが雅子妃皇太子妃内定情報だった。
父・小和田が外務省だから、弟の和彦が、兄の名誉回復のために流してやったのかもしれないが、そうした私情からか、こういう
痴漢記者に情報扱わせたことが、思い返せば今に至る皇太子妃の回復不能な鬱症状の不吉な流れの発端だったのだろう。
兄の和彦も鈴木宗男と二島先行返還路線で突っ走った挙句に贈収賄事件にまみれて失脚している。そもそも日米開戦についても
祖父・茂徳の、ハル・ノートの扱いを含む、日米交渉能力の拙さに相当の責任があったことが自明である。こう考えれば、
東郷一族全体が、日本国に与えた損害は計り知れないと言えるが、この
東郷家は、実に、豊臣秀吉の朝鮮出兵時に日本に連行されてきた陶工の子孫なのである。
その苗字は日露戦争の東郷平八郎から借り受けたものなのか、日露戦争の結果として
朝鮮は日本に併合されるに至っており、茂徳の開戦詔勅への署名が、日本の敗戦と朝鮮独立をもたらしている。そう考えれば、
朝鮮人の血と遺伝子が、数百年ぶりに果たした復讐劇だったと言えるではないか。


。。


28 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:05:52.39

>>20
DNA分析が発達してしまってもう隠し通せなくなったが、
昔から日本なんて大陸からあちこち移民してきた人間の寄り集まりの国だよ
朝鮮半島経由でやってきたのもいれば、樺太経由でやってきたのもいるし、
直接船で大陸からやってきたのもいる。

八百万の神とか言ってるのは、それだけ多くの民族の集まりってこと


30 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:07:46.89

戦争起こした当時の軍には東北人が多かったんだろ?


36 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:09:11.08

>>30
何で?戊辰戦争で負けたからリベンジしたかったのか?


46 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:11:08.53

>>36
東條英機「せやで」


35 巫山戯為奴 ◆TYUDOUPoWE :2018/08/15(水) 00:08:54.45

何故対米開戦なんかしたか理解不能、満州も朝鮮も何処にでも呉れてやりゃあ良かったのに。


54 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:13:47.37

>>35
日露戦争で多くの犠牲者を出して獲得したという意識が恐ろしく強かったんだろうな


55 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:14:26.82

>>35
だって、陸軍だよ。海軍の利権・視点とは違うよ?
陸軍の利権確保という視点で見れば、狭い島国日本なんかに居座っているより半島や満州といった大陸を開拓したほうがいいに決まってる


44 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:10:42.46

最高司令官にスパイ疑惑


70 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:18:04.72

>>44
山本五十六はアメリカのスパイ
軍事板で議論した結論だ


47 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:11:11.52

ハワイがアメリカ本土と認識したんだろう


79 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:19:40.47

>>47
スピルバーグ乙


49 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:12:38.92

日本は対米貿易の依存度が大きすぎてアメリカに経済制裁された時点で詰んでた
どう転んでも日本に勝ち目は無かったのだからさっさと頭を下げるのが正解だった
安倍チョンみたいに土下座していれば焼け野原にされずに済んだのにw


58 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:15:16.42

>>49
それな
海外領土なんか全て手放して、米英のケツをなめりゃ今頃常任理事国でいられただろうに

まだ2ちゃんねらーのほうがマシな判断できる


66 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:17:44.18

>>58

戦後に総理大臣になった石橋湛山が、戦前に唱えた「小日本主義」だね。

戦前にも人物はいたんだよ。

だけど、官僚どもの暴力による支配はそういった意見を完全に踏みつぶしたのさ。

まるで今の売国奴自民党支配の日本のようにね。


65 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:17:34.95

>>49
頭を下げれないのは仕方ない。
もしあの時代に安倍ちゃんが総理で行ってアメポチしたくても軍の非協力で倒閣かクーデターで*れるか、右翼に暗*れるだろ。


52 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:13:38.21

陸軍は問題も多かったがエリートには
日本国民のためにまた国民を守るために
という気持ちを持っていた人も多い
海軍はそういう観点が全く欠如している
自分たちの私利私欲のために日米戦争をした


57 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:14:48.52

>>52

嘘つけwwwww

ゴーストップ事件で検索してみろwww

我が物顔で調子に乗っていたのが陸軍だよwww


56 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:14:46.83

なぜ?って・・・
マスゴミの煽りを真に受けた国民が暴れだすのを抑えられなかっただけで
軍部ガーっとか未だに言ってるのはアホ

とどのつまり、生物である以上、生存権を侵される場合は必ず争いになるだけ


59 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:16:02.78

>>56

これだけ官僚どもの暴走だという証拠があってもまだ一般日本国民に罪を押し付ける*がいるとはなwwwww

チンカスネトウヨ売国奴自民党信者とは恐ろしいものだwww


60 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:16:07.60

「満州やらを手離せ、さもなくば輸出を止める」
って圧力かけてきたからと習った。
よい先生だったのかな?

(満州は国際的にも認められて合法的に日本の領土になったもの)


77 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:19:24.68

>>60
せっかく日英共同でロシアを追い出したのに(実際には英国の技術や戦略で勝った面が強い)
その満州の利権を関東軍に牛耳られたら英国・米国は「裏切りやがってこの野郎!」と激怒だよ


61 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:16:17.82

装備面において
平賀派復権による技術の硬直化
軍縮破棄による(アメリカと比較して)低建艦力での配置艦数の格差拡大


74 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:19:09.00

>>61
そんな単純なものじゃないよwwwww

軍隊として最低レベルだったんだよwww旧日本軍はwww

ただそれだけだwww


62 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:16:21.74

近衛がイケイケで国民を戦争へと煽ったからだろ。
なんで海軍のせいにしてんだよ。


86 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:21:41.31

>>62
今の安倍政権を、近衛内閣+大政翼賛会と一緒じゃねーかと批判する人は多いね


67 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:17:52.86

あの、北朝鮮ですら今回、結局のところ米国とは戦端を開かなかった。
くやしいが、当時の日本は現代の北朝鮮以下の決断をしてしまった。
その原因は何か? つまるところ「教育」であろう。あの
ロケットマン君も海外留学をして、一定以上の合理的な判断を
することができた。もし、当時の天皇が、戦艦で外遊ではなく、
しっかりと留学をして、諸外国の国力を実感していれば、また違った
判断をしてくださったと思ふ。


98 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:23:05.93

>>67
金正恩は六ヶ国語話せる
あまり良いイメージがないかもしれないが、頭だけはめちゃくちゃ良いぞ


71 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:18:07.70

「結果論」やけれど、「物理的」にも政治やら経済体制やら日本の体制のあらゆるものをひっくるめて
「スクラップ・アンド・ビルド」できたから、日米開戦して負けた事は「正解」だったような気がする。


87 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:21:52.50

>>71
もっと早くてうまい負け方があったろう。


73 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:19:01.18

ネトウヨうわ言「コミンテルの陰謀陰謀」


85 名無しさん@1周年 :2018/08/15(水) 00:21:23.28

>>73

チンカスネトウヨ売国奴自民党信者どもは「コミンテルンの陰謀」という割には戦前の軍部を美化するんだよなwwwww

お勉強しかできないエリート気取りの官僚どもが天皇陛下を軟禁して日本を支配したんだから、完全に官僚独裁の社会主義国家だった事は認めないんだよwww

意味わかんねえよwwwww